4月22日 山陰旅行1日目 HOT7000系初乗車

2017.04.22 Saturday

0

    帰ったら記事にするのがめんどくさくなってしまいそうなので、旅行中に書いてしまいますw

    47都道府県全制覇を達成すべく、未踏の島根、鳥取にやってきました。

    往復とも神戸空港を発着し、往路は三ノ宮から智頭急行線経由で鳥取へ。目的はもちろん、特急スーパーはくとの乗車です。

     

    スーパーはくとのHOT7000系は、今では数少ない130km/h運転を行う振り子気動車です(ちなみに私は気動車での130km/hは初)。

    なお、形式名のHOTは智頭急行沿線の兵庫、岡山、鳥取の頭文字から取ったものとのこと。今までずっと「ほっと7000けい」って読んでましたw

    また、流線型でカッコいい、大きな一枚窓の先頭車からの前面展望も魅力です…が、今回やってきた先頭車は貫通型でした。

    DSC01237

    スーパーはくと5号 HOT7023 鳥取下車後撮影

     

    非貫通型先頭車にはないコンパートメントを記録できたのはまあ良かったですが。

    DSC01218

     

    HOT7000系も運転開始から22年(今回の乗車車両は製造20年)を迎えます。

    2度のリニューアルを受けているものの車内(特に床や内壁)は痛みが目立っていましたが、2回目のリニューアルで窓側座席にコンセントが設置されたのみならず、WiFiまで使えるようになっており、時代の変化に対応しながら大事に使われているようです。

    DSC01217

     

    DSC01221

    この古めかしい電光表示とWiFiの案内がなんともミスマッチ。

     

    沿線風景として目立つのは赤い瓦屋根。

    気になって調べたところ、石見地方で生産される粘土で作られ、出雲地方の来待石を釉薬に用いた石州瓦(せきしゅうがわら)と呼ばれる瓦だそうです。

    DSC01230

     

    終点倉吉に向けて走り去る姿を後追いで。右側は智頭急行線経由で岡山に向かう特急スーパーいなばのキハ187系です。

    振り子によってカーブを高速で走行できるようになったのはいいけども、先頭車を切妻型にしてしまったために単線トンネル進入時の衝撃が問題になり、トンネルで速度制限を受ける羽目になったという稀代の迷車。

    DSC01239

    下車後はベタに鳥取砂丘に向かいました。続きはまた後日。

    JUGEMテーマ:鉄道

    札幌運転所の785系NE-1編成ほか

    2017.04.16 Sunday

    0

      自転車乗りついでに札幌運転所へ。

      着いたらちょうどキハ261系ST-1201ユニットが構内移動しているとこでした。

      DSC01162

       

      785系は稲穂駅寄りの線路にNE-1編成が留置されていました。

      DSC01166

       

      こうしてみると現役時と変わりませんが、方向幕が抜かれシートカバーが外され、もう客を乗せて走る事はないんだなと。

      DSC01167

      それにしても785系の塗装は夕日に映えますね…近所でもっと撮っておくんだった…。

       

      この他、着発線に特急すずらんとして現役のNE-501編成の姿がありました。

      JUGEMテーマ:鉄道

      4月8日 あの路線図の片隅に

      2017.04.13 Thursday

      0

        東武の路線図には直通する東京メトロ半蔵門線、東急田園都市線の路線図も入っています。

        その最果てにある中央林間駅に行ってみたくなり、小田急江ノ島線からアプローチして田園都市線で渋谷に戻ってくるルートで乗り鉄してきました。

         

        東急は地下駅。

        DSC01074

         

        乗車したのは各駅停車でしたが、長津田で急行に接続とのアナウンス。

        だったらなんでその急行を田園調布発にしないんだ…と思っていたら、大井町線直通の東急6000系でした。こんなところまで乗り入れてくるんですね。

        DSC01076

         

        やってきた回送列車は東急2000系。この路線の車両は多くが東武伊勢崎線まで直通しており、私が普段乗る常磐線車中からでも北千住付近で姿を見る事が出来るので新鮮味がありませんが、東急2000系と同8590系は東武乗り入れに対応しておらず押上までしか乗り入れないため、私にとっては珍しい存在です。

        DSC01077

         

        東急こどもの国線の車両、横浜高速鉄道Y000系っていうらしいです。

        DSC01080

         

        その他にも東武50000系のクレヨンしんちゃんラッピング編成のうち2本(風間君、ボーちゃん)を拝めるなど収穫の多い乗り鉄でした。

        DSC01075

        DSC01083

        JUGEMテーマ:鉄道

         

        上越新幹線にE7系を投入

        2017.04.04 Tuesday

        0

           本日の定例社長会見で、上越新幹線にE7系11編成を投入し、E4系を全て置き換えることが発表されました。

          詳細はこちらをご覧ください。

           

           E4系の全廃はE5系によって東北新幹線から押し出されたE2系によってなされるものと思っていましたが、東北新幹線にE2系をある程度残し、上越新幹線には北陸系統と共通運用可能なE7系を投入するという方針にシフトしたようです。

           ただ、E4系23編成(P4〜22,51,52,81,82)に対し、(北陸新幹線延伸で所要編成数が減ったとはいえ)E7系11編成ではあまりにも少なすぎるので、E4系の一部は東北新幹線から押し出されたE2系によって置き換えられることになるでしょう。

          JUGEMテーマ:鉄道

          785系NE2編成 解体開始

          2017.04.02 Sunday

          0

            苗穂駅西側(札幌寄り)の跨線橋から解体線を見ると、編成を留めたように見える785系NE2編成の姿がありました。

            DSC00920

            後ろに見える櫛の歯状の物体は何かと思って写真を拡大してみると、クモハ785(1号車)の車体側面でした…。

             

            反対側の側面は剥がされて(?)はいませんでしたが、既に屋根と窓がない状態です。

            DSC00921

            ※以上2枚トリミング済

             

            在りし日のNE-2編成の姿を。

            DSC08576

            2015年5月31日 岩見沢駅にて

             

            せっかくここまで来たのでついでに近隣の撮影地も探索しましたが、

            DSC00895

            ライラック22号 HE204+104(上川)

            たまにはコイツ以外の編成撮りたい。S白鳥時代は1回しか来てくれなかった癖に…

            ※トリミング済

             

            DSC00928

            Sおおぞら7号

             

            この辺で部屋見つけりゃあ良かったかなと(笑)

            JUGEMテーマ:鉄道

            3月25日 時空の歪みが…

            2017.03.26 Sunday

            0

              キハ261系1000番台のヘッドマークが順次LED化されているようです。

              個人的にスーパーとかちロゴは幕のものよりかっこいいと思います。

              …が、いつまで側面のTilt残してるのかと。車体傾斜停止してからもう2年半経ちますがな。

              DSC00877

              ST-1104+?

               

              JUGEMテーマ:鉄道

              「ライラック」運転開始ー編成によって異なるルーバーの謎ー

              2017.03.04 Saturday

              0

                元・スーパー白鳥(・八戸発着つがる・奥羽本線普通)の789系0番台が、本日3月4日のダイヤ改正より、特急「ライラック」として運転を開始しました。

                一番列車は寝過ごしたのでライラック3号から。
                limited express ”Lilac” (former "Super Hakucho")

                HE104+204(上川ラッピング) 野幌駅にて

                 

                次のライラック5号は場所を変えて。

                DSC00767

                ライラック5号  HE103+203?(宗谷ラッピング)  ※許可を得て私有地より撮影

                 

                さて、ここでモハ788(2号車=旭川方から2両目)の旭川寄りをご確認ください。

                HE104

                DSC00761

                 

                HE103

                DSC00767 - コピー

                 

                HE104ではルーバー?が塞がれているのに対し、HE103ではルーバーが確認できます(=スーパー白鳥時代から変化なし)。

                実は1月にHE104+204の試運転を見た際にモハ789-204、モハ788-204の旭川方むかって右側のルーバーが塞がれているのを確認しており、他編成も同様になっていると思っていましたが違ったようです。

                新製はほぼ同時期の両編成ですが、転用改造のタイミングによって違いがあるのでしょうか。

                他編成についても調査してみたいと思います。

                (以下順次追記 編成ごとのラッピングについてはSNS情報を使用する場合があります)

                3/4  ライラック13号  オホーツクラッピング:ルーバー有(変化なし)

                3/4  ライラック18号  旭川ラッピング:同上 ラッピング誤認かも

                3/5  ライラック3号 旭川ラッピング:同上

                 

                JUGEMテーマ:鉄道

                 

                 

                 

                2016年12月27〜31日 カンボジア、ベトナムに行ってきた その4

                2017.01.22 Sunday

                0

                  その1

                  その2

                  その3

                   

                  12月30日

                   

                  29日深夜に空港まで迎えに来てもらって宿へ入り、翌朝から行動開始。

                  タクシーの車窓から見える大都会ぶりは人口23万人のシェムリアップから来たばかりでそう感じているだけかと思いましたが、実際人口800万も居るとのことで。

                   

                  サイゴン大教会とサイゴン中央郵便局。

                  全体的に街並みにはフランス植民地時代の雰囲気が残っているように感じました。

                  DSC00012

                   

                  そしてとにかくバイクが多かったです。

                  DSC00051

                   

                  この後は統一会堂(旧南ベトナム大統領府)を回ってから

                  DSC00053

                   

                  戦争証跡博物館へ

                  DSC00072

                  枯葉剤による奇形被害の画像や、戦時中行われた拷問施設の模型などを見学しましたが、高校生の時に広島の原爆資料館に行った時以来の衝撃でした。

                  枯葉剤については、長期的な健康被害という面において核兵器と変わらないと感じました。

                   

                  この後は普通に飲み食いという感じだったので、最後に飲んだベトナムコーヒーのみ。

                  当地では大量の砂糖+秘伝の何か?が入っているコーヒーに金色のカップに入っているコンデンスミルクを溶かして飲みますが、これがうまいのなんの。

                  DSC00100

                   

                  鉄道事情視察のため我儘言って空港戻りがけにサイゴン駅寄ってもらった件についてはツイッターで報告した通りです。

                  (もしかして…ツイッターとブログの役割が…入れ替わってる〜〜!?)

                   

                   

                   

                  12月31日

                  ホーチミン6:45→VN302→成田14:10

                   

                  最後の夜は空港のロビーで明かしました。

                  日の出に期待していたものの曇っていて残念に思いながら飛び立つと、眼下に天使の梯子に包まれるホーチミン市街が。

                  Hoh Chi Minh city

                   

                  台湾付近で雲が晴れたのは幸いでした。

                  シャッターを切った時には最高峰の玉山(新高山,3952m)は通り過ぎてしまっていたようですが、写っている部分のピークでも3400〜3800mはあるようです。(手前の川と湖より特定)

                  DSC00148

                   

                  成田は天気が良かったのでたまには自国に寺院にも目を向けるべく久々に新勝寺に寄ってみました。

                  DSC00156

                   

                  最近の日本では珍しいくらい外国人を見なかった気が…。

                  DSC00157

                  野田線の車窓から見える夕暮れが今回見てきた中で一番綺麗でした。

                   

                  海外で行きたいところは数あれど、現実的には学生の時更新したパスポートが切れる前にもう一度行けるかどうかってとこですかね。

                   

                  JUGEMテーマ:海外旅行 総合

                  2016年12月27〜31日 カンボジア、ベトナムに行ってきた その3

                  2017.01.22 Sunday

                  0

                    その1

                    その2

                     

                    12月29日

                     

                    ホーチミン行きの飛行機が21:10発だったので丸一日空いてましたが、前日早起きで疲れたので午前中はお土産タイム。

                    初日は中学レベルの英語も出てこない有様でしたが、この頃になると昼間っから○○コとか連呼してる客引きに「もっとマシな日本語覚えろバーカ」(原文:You should learn much  better Japanese!)くらいの軽口を言える余裕は出てきましたw

                    遺跡は十分見たかなって感じだったので今度は近代史をメインに、ポル・ポト政権時代に虐殺があったキリング・フィールドと各種兵器が展示されている戦争博物館、そして最後に国立美術館を。

                     

                    キリングフィールド。現在ではさほど生々しいものはありませんでした(ポル・ポト時代に行われたことについて知りたい方は首都プノンペンのトゥール・スレン虐殺犯罪博物館に行かれるとよいかと)。

                    右側の建物には犠牲者の遺骨が納められています。

                    DSC09959

                     

                    戦争博物館では戦車や銃器、地雷などの展示がありました。

                    カンボジアでは今も多くの地雷が残っているとのことです。

                    DSC09993

                     

                    DSC09978

                     

                    国立博物館はアンコール遺跡の解説が中心でした。

                    DSC09995

                    連続投稿に疲れて記事が手抜き気味になってるのは否定しませんが、当日もこんなようなテンションでした。

                    JUGEMテーマ:海外旅行 総合

                     

                    2016年12月27〜31日 カンボジア、ベトナムに行ってきた その2

                    2017.01.22 Sunday

                    0

                      一日目はこちら。

                       

                      日の出を見るべく、まだ暗い中アンコールワットへ。

                       

                      「ゆるゆり」の綾乃のダジャレネタですw

                       

                      アンコールワットの正門は西を向いているため(他の多くのアンコール遺跡は東向き)、遺跡から日が昇ってくるような形になります。

                      ちょいちょい雲はありましたが日の出の瞬間は大丈夫でした。

                      DSC09799

                      晴れた日であれば12世紀前半の建設当時から変わらないであろう光景と、立ち並ぶスマホやデジカメのディスプレイが対照的でした。

                       

                      手前の池による逆さアンコールワットも綺麗でした。

                      DSC09823 -補正済

                       

                      この後はバンデアイ・スレイ→タ・プローム→タケウ→アンコールトム→プノン・バケンという、所謂小回りコースで観光しました。

                      道中は大体未舗装。

                      DSC09864

                       

                       

                      特に印象的だったのは木の根に飲み込まれつつあるタ・プロームでしょうか。

                      DSC09887

                       

                      アンコール・トム(バブーオン)。メインのバイロンでは野良ガイド(勝手にガイド始めてチップ要求する。1$でいいっつうから諦めたけど)に絡まれてあまりゆっくり撮れず…

                      DSC09904

                       

                      アンコール・トム周辺にいた猿とかその辺に咲いてた花とか。

                      DSC09900

                       

                      DSC09910

                       

                      最後に日の入りを見にプノン・バケンに行きましたが、ここは遺跡保護上一度に300人しか登れず、かといって遺跡上での滞在時間が制限されているわけでもない?ため一向に列が進まず、17:47の日の入りに余裕を持って16:10頃には並び始めていたのに登れたのは17:43頃でした。

                      DSC09931

                       

                      ここから東側に位置する各遺跡が赤く染まる時間帯はもう過ぎてしまっている上、一人でも多くの人が間に合うようにとの配慮から最低限の撮影で降りてきてしまったので、散々苦労した挙句地球上どこでも見られるような日の入りを見て帰ってくる羽目に。

                      DSC09935

                       

                      私が降りた時点でも行列はこんな状態。

                      DSC09936

                       

                      帰った後はナイトマーケットをぶらつきました。

                      DSC09942

                       

                      虫やヘビを売っている屋台があったので一番ハードル高そうなタランチュラに挑んだら夜中に軽い吐き気に襲われました(クモそのものではなく油に中ったんだと思いますが)。

                       

                      DSC09945

                      その3に続きます。

                      JUGEMテーマ:海外旅行 総合