3月3日 キハ285系解体

2017.07.30 Sunday

0

    線路はもっと遠くへつながり、列車はもっと速くなるものだと無邪気に思っていたあの頃はもう戻らない。

    type 285 diesel car

    JUGEMテーマ:鉄道

    7月20日に投稿した記事について

    2017.07.25 Tuesday

    0

      撤回も謝罪もするつもりはありません。

       

      ただ、私は気付きました。

      今の私は、自分が一番なりたくなかった、何も生み出さないばかりか周りの足を引っ張り汚い言葉を吐き散らす底辺ネットユーザーそのものだということに。

       

      このブログもそこそこ長くやってきましたが、ああいった記事を垂れ流すところまで落ちてしまった以上はもう終わりにするべきだと感じています。

       

      後片付けと称した自分語りぐらいはさせてもらいますが、現時点を以って弊ブログは撤収モードに入ります。

       

      更新終了時期は今年8月を予定しています。

      JUGEMテーマ:ごあいさつ

       

      東京五輪まであと3年!

      2017.07.20 Thursday

      0

        五輪・新国立競技場の工事で時間外労働212時間 新卒23歳が失踪、過労自殺

         

        ウナギ、少し安く食べられそう…値下げの店続々

         

        ニッポンの国技はいじめ!自殺!サービス残業!乱獲!

        3年後が楽しみです(嘲笑)

         

        私はこの国を諦めました。

        日本死ね?もう死んでるよ。

        JUGEMテーマ:ニュース

         

        JR東日本 次世代新幹線試験車両の新造へ

        2017.07.04 Tuesday

        0

           本日のJR東日本の定例社長会見プレスリリースで、次世代新幹線の実現に向けた試験車両の新造が発表されました。

          詳細はこちら

          形式名:956形

          愛称:ALFA-X(アルファエックス)

          編成:10両

          落成:2019年3月

          とのことです。

           

           弊ブログもE954形の追っかけから始まったわけですが、遂に一世代回ってしまったか…というのが率直な感想ですw

          情報・制御ネットワークの強化によるメンテナンスの革新や、地震対策などが中心となり、速度については「360km/hの可能性を技術的に検証」というやや後退した表現になっています(ちなみにE954・E955形開発時のプレスリリースでは「開発における技術目標は360km/hの営業運転」としています)。

           また、新造するのはフル規格新幹線車両のみのようですが、これは北海道新幹線札幌延伸時に仙台以南〜札幌直通列車の単独運転を想定しているのか、それとも単に次世代新在直通車両の開発に向けた各種試験はE956形and/or既存E6系を使って済ませるということなのか、気になるところです。

           私としては、着雪しにくい車体構造や車内設備などが「どの程度札幌を意識した仕様になるか」に注目しています。

          「あの」JR北海道が次世代車両の独自開発というのは現実的でないので、JR北海道区間での走行試験もE956形によって行われるでしょうし。

          JUGEMテーマ:鉄道

          4月23日 シン・ATC(言いたかっただけ)

          2017.04.28 Friday

          0

            この日は元々さくら554号で九州直通N700系での300km/h運転(私史上初)+新神戸で500系のこだま740号を撮影して旅の締めにしようかと思っていましたが、やくも1本乗り遅れてしまったため、駅撮りを楽しむ間もなく居合わせたのぞみに乗り込むことに。

            とはいえ、N700A(N700Aとして新造されたラージA、改造車のスモールA共)乗車、今年2月19日から導入された新ATC(ATCーNS・デジタルATC)など、東海道・山陽新幹線に乗る機会の少ない私にとってはただののぞみ乗車でさえ上等なネタです。

             

            乗車は出来ませんでしたが、なんとか500系を拝むことはできました。

            DSC01381

            こだま742号 V3

             

            やってきたのはJR東海所属ラージA(1000番台・G編成)のG28。

            なにせ最後に16両のN700系乗ったのが5年前なのでアレですが、LEDになってちょっと透明感のあるというか、青系の座席も相まって水族館っぽい照明になりました?

            DSC01383

            なにより驚いたのが、いつの間に姫路以東の一部区間で300km/h運転が開始されていたこと。

            500系運転開始当初から、(新大阪・)新神戸〜姫路のすぐ東側まで270km/h制限がかかっていました。今回はスマホのGPSで速度を測定していたところ、姫路通過後に260km/h前後まで減速し、その後一時西明石待避のひかりに追いついてしまったのか225km/hまで減速しましたが、西明石通過後には290km/h台まで加速しました。ATC-NS化で速度制限が緩和されたようです。

             

            ATC-NS化に伴い山陽新幹線の所要時間はのぞみ、みずほで平均1分、こだまで15分短縮しています(※デジタルATC化による所要時間短縮効果は主に1段ブレーキ化によるものなので、停車駅の多い列車の方が恩恵は大きくなります)。

            最速ののぞみ64号では博多〜新大阪の所要時間が2時間21分と、福知山線事故後のゆとりダイヤ以前の500系のぞみの所要時間(※新神戸停車後、同駅通過時代は2時間17分)にようやく戻りました。

            一部区間で速度が上がっていることを考えるともう少し短縮できそうですが、今はのぞみの本数も500系運転開始当時とは全然違いますし、九州新幹線への乗り入れもあるため、余裕時分は多めに取っておく必要があるのかもしれません。

             

            新神戸到着後は神戸市営山手線で三宮へ。乗り換えは面倒ですが、言っちゃなんですが新神戸駅が周辺地形だけ見るとどこの秘境駅だよって感じなので、意外とあっさり中心市街に出れるのね、という印象です。

             

            三ノ宮では辛くもはまかぜ4号のキハ189系を撮影することができました。

            DSC01387

             

            帰りの飛行機も夕陽に照らされる神戸の街や琵琶湖、北アルプスなどが綺麗で、気持ち良い旅の締めくくりとなりました。

            DSC01390

            JUGEMテーマ:鉄道

            4月23日 山陰旅行2日目 一畑電車、やくも

            2017.04.28 Friday

            0

              翌朝は出雲大社に(行程に余裕がないのでメジャーどころのみです)。

               

              出雲市からは一畑電車(いちばたでんしゃ)で。

              DSC01318

              なんか見た事あるようなないような車両だなーと思って乗り込むと、どうみても東急な車内。東急1000系の改造車だったようです(種車は東横線菊名方M車2両)。

               

              しかも種車が入っていた編成、4年前の日比谷線乗り入れ最終日に慌てて乗車・撮影した編成(1007F)のものでした。

              RIMG0207

              2013/3/15 北千住にて

               

              出雲大社は境内の写真の公開不可(個人鑑賞用のみ)とのことなので最初の鳥居のみ。

              DSC01324

               

              この後時間調整に古代出雲歴史博物館に行き、和銅6年(713年)に中央政府(奈良の平城京)から土地の様子や伝承などの報告を命じられ、20年後に完成し、現在では唯一のほぼ完全に現存する風土記となった、出雲国風土記についての企画展を見てきました。

              1300年前の様子があれほど事細かに記録されているとは、文字って偉大な発明だなと改めて感じました。

              ま、弊ブログもJUGEMがサービス終了するまでの間ぐらい、そうした役割を果たせればと思いますw

               

              帰りは新型車両の7000系。

              JR四国の1000系ベースと聞いていましたが、機器はもっぱらJR西日本の225系仕様のようです。

              DSC01346

               

              東急1000系(一畑電車1000系)、京王5000系(一畑電車2100系)、JR四国1000系(の皮を被った225系)

              現役時代はあり得ない並びがみられるのが地方私鉄の魅力のひとつといえますね。

              DSC01345

               

              この後は伯備線経由の特急「やくも」で岡山に抜けた訳ですが、実は帰りの一畑電車の時間を間違えて、当初乗る予定だったやくもより1時間後になってしまいました。

              一畑電車の4月1日のダイヤ改正前に時刻を調べていたせいかもしれません(原因は調査中)。まあ飛行機の時間にはギリギリ間に合ったのでよかったですが。

              そんなこんなで初の381系乗車。

              DSC01366

              自然振り子の381系(以降は「制御付き自然振り子」)は乗り心地に難があり、以前は車掌が酔い止め薬を常備していたという逸話まであります。

              自分は乗り物酔いには強い方なので大丈夫でしたが(ああ、酒飲んで酔ってはいましたねw)、他の振り子形式と比べてもよく揺れる感じはしました。

              岡山までの3時間の乗車の後、新幹線というこの旅の最終イベントへと向かいました。

              続きは次の記事で。

              JUGEMテーマ:鉄道

               

              4月22日 山陰旅行1日目 鳥取砂丘

              2017.04.28 Friday

              0

                鳥取駅からバスに乗り換え約20分。はるばる来たぜ鳥取砂丘。

                正面の池というか水たまりはオアシスと呼ばれており、今年は雪が多かったため例年より大きいとのこと。

                DSC01248

                私は砂漠に行ったことがないので本物の砂漠との比較はできませんが、火山の山頂っぽい景色だと感じました。

                 

                帰りのバスまで若干時間が空いたので鳥取砂丘 砂の美術館へ。

                DSC01283

                2016年の開館以来、1年ごとにテーマを変えて砂像の展示を行っているとのことです(言わば2月に札幌の大通公園でやってるアレの砂版ですかね)。

                今年のテーマはアメリカ。「あの」新大統領とかもいるのかと思いきや時事ネタには手を出していない模様。

                DSC01285

                 

                帰りはキハ187系「スーパーまつかぜ」で出雲市へ。

                DSC01295

                ・・・なんというか、予想以上に質素でした。トイレも男女共用が1ヶ所のみだし。

                とはいっても、機能的にはこれで必要十分だし、車販準備室が巨大なデッドスペースになってるより合理的だとは思いますが。

                 

                山陰本線は島根県内が1999〜2001年に、鳥取県内は2002〜2003年にかけて沿線自治体の一部援助による高速化が行われており、多くの駅が1線スルーになっているなどの改良の成果がみられました。智頭急行経由のスーパーはくと・スーパーいなばが乗り入れる鳥取〜倉吉に未改良の駅が残ってるのはどうなのよ、って気もしましたが…。

                倉吉付近では昨年10月21日に震度6弱を記録した地震の被害と思われるブルーシートを多く見かけました。

                出雲市で下車し、寝不足だったので飲み食いはせずそのまま宿に入りました。

                DSC01313

                JUGEMテーマ:鉄道

                4月22日 山陰旅行1日目 HOT7000系初乗車

                2017.04.22 Saturday

                0

                  帰ったら記事にするのがめんどくさくなってしまいそうなので、旅行中に書いてしまいますw

                  47都道府県全制覇を達成すべく、未踏の島根、鳥取にやってきました。

                  往復とも神戸空港を発着し、往路は三ノ宮から智頭急行線経由で鳥取へ。目的はもちろん、特急スーパーはくとの乗車です。

                   

                  スーパーはくとのHOT7000系は、今では数少ない130km/h運転を行う振り子気動車です(ちなみに私は気動車での130km/hは初)。

                  なお、形式名のHOTは智頭急行沿線の兵庫、岡山、鳥取の頭文字から取ったものとのこと。今までずっと「ほっと7000けい」って読んでましたw

                  また、流線型でカッコいい、大きな一枚窓の先頭車からの前面展望も魅力です…が、今回やってきた先頭車は貫通型でした。

                  DSC01237

                  スーパーはくと5号 HOT7023 鳥取下車後撮影

                   

                  非貫通型先頭車にはないコンパートメントを記録できたのはまあ良かったですが。

                  DSC01218

                   

                  HOT7000系も運転開始から22年(今回の乗車車両は製造20年)を迎えます。

                  2度のリニューアルを受けているものの車内(特に床や内壁)は痛みが目立っていましたが、2回目のリニューアルで窓側座席にコンセントが設置されたのみならず、WiFiまで使えるようになっており、時代の変化に対応しながら大事に使われているようです。

                  DSC01217

                   

                  DSC01221

                  この古めかしい電光表示とWiFiの案内がなんともミスマッチ。

                   

                  沿線風景として目立つのは赤い瓦屋根。

                  気になって調べたところ、石見地方で生産される粘土で作られ、出雲地方の来待石を釉薬に用いた石州瓦(せきしゅうがわら)と呼ばれる瓦だそうです。

                  DSC01230

                   

                  終点倉吉に向けて走り去る姿を後追いで。右側は智頭急行線経由で岡山に向かう特急スーパーいなばのキハ187系です。

                  振り子によってカーブを高速で走行できるようになったのはいいけども、先頭車を切妻型にしてしまったために単線トンネル進入時の衝撃が問題になり、トンネルで速度制限を受ける羽目になったという稀代の迷車。

                  DSC01239

                  下車後はベタに鳥取砂丘に向かいました。続きはまた後日。

                  JUGEMテーマ:鉄道

                  札幌運転所の785系NE-1編成ほか

                  2017.04.16 Sunday

                  0

                    自転車乗りついでに札幌運転所へ。

                    着いたらちょうどキハ261系ST-1201ユニットが構内移動しているとこでした。

                    DSC01162

                     

                    785系は稲穂駅寄りの線路にNE-1編成が留置されていました。

                    DSC01166

                     

                    こうしてみると現役時と変わりませんが、方向幕が抜かれシートカバーが外され、もう客を乗せて走る事はないんだなと。

                    DSC01167

                    それにしても785系の塗装は夕日に映えますね…近所でもっと撮っておくんだった…。

                     

                    この他、着発線に特急すずらんとして現役のNE-501編成の姿がありました。

                    JUGEMテーマ:鉄道

                    4月8日 あの路線図の片隅に

                    2017.04.13 Thursday

                    0

                      東武の路線図には直通する東京メトロ半蔵門線、東急田園都市線の路線図も入っています。

                      その最果てにある中央林間駅に行ってみたくなり、小田急江ノ島線からアプローチして田園都市線で渋谷に戻ってくるルートで乗り鉄してきました。

                       

                      東急は地下駅。

                      DSC01074

                       

                      乗車したのは各駅停車でしたが、長津田で急行に接続とのアナウンス。

                      だったらなんでその急行を田園調布発にしないんだ…と思っていたら、大井町線直通の東急6000系でした。こんなところまで乗り入れてくるんですね。

                      DSC01076

                       

                      やってきた回送列車は東急2000系。この路線の車両は多くが東武伊勢崎線まで直通しており、私が普段乗る常磐線車中からでも北千住付近で姿を見る事が出来るので新鮮味がありませんが、東急2000系と同8590系は東武乗り入れに対応しておらず押上までしか乗り入れないため、私にとっては珍しい存在です。

                      DSC01077

                       

                      東急こどもの国線の車両、横浜高速鉄道Y000系っていうらしいです。

                      DSC01080

                       

                      その他にも東武50000系のクレヨンしんちゃんラッピング編成のうち2本(風間君、ボーちゃん)を拝めるなど収穫の多い乗り鉄でした。

                      DSC01075

                      DSC01083

                      JUGEMテーマ:鉄道