スポンサーサイト

2017.08.26 Saturday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    更新終了

    2017.08.26 Saturday

    0

       意識高い系大学生のブログ→日常系ブログ→ただの鉄オタブログという変遷を遂げてきた(なお、開始1年もしないうちに最終形態に移行していた模様)弊ブログですが、以前告知していたとおり、そろそろ終わりにしようと思います。

       理由のひとつは、他の趣味の比重が大きくなり、オタクを名乗れるほどの活動レベルの維持が難しくなってきた点です。もう一つは、鉄道趣味の中でもメインコンテンツとしていた東北(・北海道)新幹線で先日次世代試作車の製造が発表された事です。

       確かに、ALFA-Xやその量産車には今も強い関心を持っていますし、今ならFastechやS11・S12の頃より上手く記録できる自信もあります(当時みたいに夜な夜な見に行く体力はもうありませんがw)。ただ、仙台在住という地の利が失われている上、今の活動レベルでは、社会も新幹線も、そして自身の人生ステージもこれだけ変化している中で、Fastech時代と(撮影機材・技術の進歩分程度にしか)変わり映えしないものしか残せないとも思いました。また、自身の生き方として、今はそういった時代の変化を眺めているよりも、時代の変化に追いついていくことに注力したいという思いもあります。

       前にTwitterでちらっと言ったかもしれませんがE5系は廃車・解体まで細々とでも追うつもりです。ALFA-Xの取材もなんだかんだで行くと思います(異動先が東北新幹線沿線だったらスルーできる自信がない…)。

       また、日常生活や他の趣味活動においても鉄道を積極的に利用することでこれまで鉄道で散々遊ばせてもらった分を還元できればと思います。

       ただ、鉄道ブログとしての質・量の維持はできないと思いますので、ここで更新を終えたいと思います。

       今後画像の公開はFlickrで行います。また、他ブログへのコメントの際は現HNを使用します。

       最後になりますが、拙い記事をお読みいただいたり、コメントをくださった皆様、今まで本当にありがとうございました。

      JUGEMテーマ:鉄道

      <8月23日>飛行機で帰り損ねたので新幹線で遊び倒した話

      2017.08.25 Friday

      0

        本来は22日中に空路で成田空港から新千歳空港に向かう予定でしたが、霧による視界不良のため滑走路目前で引き返してきました。

        戻ってきた時には23時を過ぎており、空港のロビーで一夜を明かす羽目に。

         

        翌朝には天候は回復していたようですが、私はヤケ起こして新幹線で帰ることにしました。

        上野までは京成線で向かい(スカイアクセス線経由)、新函館北斗まで全区間自由席で行くことに。

        ※盛岡以北は特定特急券での乗車になり、盛岡で一旦特急料金が切られてしまうため、これをやると全区間はやぶさの指定席で行くより高くなってしまいますのでご注意ください。

         

        なすので那須塩原へ。

        1番線に停車していたなすの270号はE2系J70編成。逆方向の列車なので車内撮影はできませんでしたが、客室内に防犯カメラが設置されているのを確認しました。

        DSC02938

         

        E2系

        DSC03001

        4114B J51

         

        E3系L編成

        DSC03016

        133B L54

         

        E5系

        DSC03030

        3012B U28

         

        H5系

        DSC02969

        3010B H1

         

        E6系

        3013B U24併結

        3013B Z23+U24

         

        この後も要所要所で通過列車を撮りながら下って行くも大した成果はないので割愛。

         

        所定E3系R編成の45BがE6系代走だったのが惜しまれるところでしたが、そのおかげで盛岡駅西口のマリオス20階展望台からE5系+E6系の併結走行を撮るという目標が達成できたのでよしとします。(E5系+E3系は撮影済)

        50B 差し替わってなければ

        JUGEMテーマ:鉄道

        <8月22日>5年ぶりに熊谷駅新幹線ホームを訪れた話

        2017.08.24 Thursday

        0

          前回訪問時の記事はこちら

          時代の流れを感じて頂ければ幸いです。

          DSC02912

          J11

           

          DSC02923

          W9

           

          DSC02924

          F14(裏被ってるのは↑のW9)

           

          ホーム側の変化としては、前回訪問時にはなかった通過列車の接近放送が流れるようになっていました。

          JUGEMテーマ:鉄道

          <8月22日>10年以上鉄オタやってて初めて横川に行った話

          2017.08.24 Thursday

          0

            この日は長岡から成田空港に移動がてら、信越本線のグンマー領内群馬県内区間乗車のついでに碓氷峠鉄道文化むらに行ってきました。

            DSC02887

             

            DSC02893

             

            奥の方のあさま色の189系はかつて協調運転を行ったEF63形と並んでいるのはよいのですが、塗装の劣化が深刻でした。

            DSC02894

            新幹線としては当時最急の30‰の碓氷峠越えに挑んだE2系N編成も並べてほしかったなあ…という幹鉄の感想。

             

            個人的に一番面白かったのはこっち。

            そもそも客が入っていいのか疑わしい見た目の建物でしたが、輸送力向上のためにアプト式→粘着運転(→新幹線)と変化を遂げてきた信越本線の歴史を一から学ぶことができ、大変勉強になりました。

            DSC02906

            JUGEMテーマ:鉄道

            <8月19〜21日>北アルプス縦走を諦めて長野県縦断した話(2/2)

            2017.08.24 Thursday

            0

              19,20日分の記事はこちら

               

              21日、目が覚めると穏やかな晴天。

               

              忸怩たる思いで信濃大町駅を後にしましたが、抜かれるしなのを撮ったりしながら小淵沢に着く頃には当初の計画などとうに忘れていました。

               

              わたくし恥ずかしながらこれまで小海線に乗った事がなかったので、この度小淵沢→小諸を乗り通してまいりました。

              今回乗ったのは11:27発の227D。(見慣れたキハ110系だったので画像なしw)

               

              中央本線と分岐するなりいきなりものすごい勾配。駅以外はずっとそんな状態で、一気に鉄道最高地点の1375mまで駆け上がる感じでした。 その後は本州らしからぬ広大なカラマツ造林地の合間を縫うように走りますが、近くを流れる小さな川が日本最長河川の千曲川だと気付き、源流近くまで来ているんだなと。

               

              終電の小諸は仕事で来たことがあり、日常に引き戻されそうになりますが再びしなの鉄道の未乗区間に突入します。 ここからは長野方面に向かい飯山線に乗るか、横軽を越えて高崎までの(旧)信越本線を乗り潰すか迷いましたが、長野に向かえば

              小諸13:36着/13:45発→長野14:49着/越後川口行15:00発

              と綺麗に乗り継げることに気付き、長野行きに乗り換えました。

               

              しなの鉄道の115系はトイレが使用停止になっていて焦りました。

              DSC02813

               

              長野からの(正確には豊野まで旧信越本線=現北しなの線)飯山線は中間においこっとを挟んだ3両編成でした。

              DSC02816

               

              DSC02820

               

              最初ボックス部分が埋まっていたためロングシートに座っていましたが、画像のような柔らかい座席だし、空いていたので十分快適で、結局終点まで移動しませんでした。

              DSC02834

               

              北長野では211系や253系の廃車体に加え、編成をバラされたMUE-trainやE231系松戸車の姿がありました。

              DSC02818

               

              戸狩野沢温泉では謎の塗装のキハ110系に遭遇。リバイバル塗装のようです(詳細はこちら)。

              当方最近のキハ100系列の改造、ラッピングには全くついていけていません…。

              DSC02826

              戸狩野沢温泉にて

               

              終点、越後川口は駅名票が越乃Shu*Kura仕様になっていました。

              DSC02836

               

              夕陽が綺麗でした。(戸狩野沢温泉で1両切り離したのでおいこっとが長野側先頭車に)

              DSC02840

               

              この日は長岡で泊まりました。

              JUGEMテーマ:鉄道

              <8月19〜21日>北アルプス縦走を諦めて長野県縦断した話(1/2)

              2017.08.24 Thursday

              0

                後ろ向きな記事ばかり書いて更新途絶えさせるのも悲しいので、最後は遠征記で〆たいと思います。

                 

                今回の目的は、乗り鉄ではありませんでした。

                登山始めて早3年になるし、そろそろ本格的な縦走をやってみたいと思い、登山基地の一つ、長野県は大町へと青春18切符を手に向かっていたのです。

                …が、期間中の予報は雨。濡れながら歩くのは嫌(というより低体温症や転倒、滑落の可能性が高まり危険)なので、長野に多数残るJRの未乗区間を叩く乗り鉄に変更。

                その前にざっと相模線を。

                DSC02680

                その後は中央本線、篠ノ井線経由で信濃大町に向かいましたが、あまり遅くに宿に入りたくなかったので、中央本線の辰野支線には手が出せませんでした。

                 

                特急待避も18旅の楽しみの一つ。新宿〜松本間最速列車のスーパーあずさ19号です。

                DSC02683

                S4

                 

                松本車両センターでE353系を見られれば、と思いましたが、奥の方に付属編成が確認できただけでした。

                DSC02691

                 

                20日は比較的予報がマシだったので、翌日は結局立山黒部アルペンルートの東側を利用し日帰りで立山に登りました。

                DSC02777

                みくりが池

                 

                DSC02717

                証拠写真

                 

                DSC02711

                山頂(手前の雄山)東側の御前沢雪渓。なんと氷河として認定されています(極東では最も低緯度)。

                 

                この日の鉄活動は黒部ケーブルカーを撮ったのみ(トロリーバスは以前来た時に撮ってたので)。

                DSC02793
                 

                22日分に続きます。

                JUGEMテーマ:鉄道

                 

                 

                 

                 

                3月3日 キハ285系解体

                2017.07.30 Sunday

                0

                  線路はもっと遠くへつながり、列車はもっと速くなるものだと無邪気に思っていたあの頃はもう戻らない。

                  type 285 diesel car

                  JUGEMテーマ:鉄道

                  7月20日に投稿した記事について

                  2017.07.25 Tuesday

                  0

                    撤回も謝罪もするつもりはありません。

                     

                    ただ、私は気付きました。

                    今の私は、自分が一番なりたくなかった、何も生み出さないばかりか周りの足を引っ張り汚い言葉を吐き散らす底辺ネットユーザーそのものだということに。

                     

                    このブログもそこそこ長くやってきましたが、ああいった記事を垂れ流すところまで落ちてしまった以上はもう終わりにするべきだと感じています。

                     

                    後片付けと称した自分語りぐらいはさせてもらいますが、現時点を以って弊ブログは撤収モードに入ります。

                     

                    更新終了時期は今年8月を予定しています。

                    JUGEMテーマ:ごあいさつ

                     

                    東京五輪まであと3年!

                    2017.07.20 Thursday

                    0

                      五輪・新国立競技場の工事で時間外労働212時間 新卒23歳が失踪、過労自殺

                       

                      ウナギ、少し安く食べられそう…値下げの店続々

                       

                      ニッポンの国技はいじめ!自殺!サービス残業!乱獲!

                      3年後が楽しみです(嘲笑)

                       

                      私はこの国を諦めました。

                      日本死ね?もう死んでるよ。

                      JUGEMテーマ:ニュース

                       

                      JR東日本 次世代新幹線試験車両の新造へ

                      2017.07.04 Tuesday

                      0

                         本日のJR東日本の定例社長会見プレスリリースで、次世代新幹線の実現に向けた試験車両の新造が発表されました。

                        詳細はこちら

                        形式名:956形

                        愛称:ALFA-X(アルファエックス)

                        編成:10両

                        落成:2019年3月

                        とのことです。

                         

                         弊ブログもE954形の追っかけから始まったわけですが、遂に一世代回ってしまったか…というのが率直な感想ですw

                        情報・制御ネットワークの強化によるメンテナンスの革新や、地震対策などが中心となり、速度については「360km/hの可能性を技術的に検証」というやや後退した表現になっています(ちなみにE954・E955形開発時のプレスリリースでは「開発における技術目標は360km/hの営業運転」としています)。

                         また、新造するのはフル規格新幹線車両のみのようですが、これは北海道新幹線札幌延伸時に仙台以南〜札幌直通列車の単独運転を想定しているのか、それとも単に次世代新在直通車両の開発に向けた各種試験はE956形and/or既存E6系を使って済ませるということなのか、気になるところです。

                         私としては、着雪しにくい車体構造や車内設備などが「どの程度札幌を意識した仕様になるか」に注目しています。

                        「あの」JR北海道が次世代車両の独自開発というのは現実的でないので、JR北海道区間での走行試験もE956形によって行われるでしょうし。

                        JUGEMテーマ:鉄道