JR北海道は赤字ローカル線の早期廃止による経営改善を!

2016.11.19 Saturday

0

    昨日、JR北海道から公式に「単独では維持することが困難な線区」として13区間が発表されました。

    これについて、周辺自治体は相変わらず「廃線には反対だがカネは出せない」といった反応のようです。

    募る不信感「誠意ない」 JR維持困難路線 空知管内は5線区

    宗谷線名寄―稚内間の存続 「自治体だけで解決困難」

     

    人口減と車社会化により利用者が減少する中、沿線自治体もこのように非協力的な姿勢なのであれば、鉄路は維持しなくてよいと思います。

    鉄道である必要がない区間の鉄路を維持する為に赤字を垂れ流すのはやめにして、新幹線や札幌都市圏といった鉄道の長所を生かせる区間の輸送に注力してもらいたいものです。

    特急列車の高速運転こそ取り止めになってしまいましたが、快速エアポートの増発、青函トンネルの新幹線徐行解消、整備新幹線区間速度向上など、将来性のある投資をする余地は残っています。

    今のJR北海道にできる「身を切る改革」とはそういうことです。

    JUGEMテーマ:鉄道

     

    スポンサーサイト

    2017.08.26 Saturday

    0
      コメント
      コメントする
      トラックバック
      この記事のトラックバックURL