スポンサーサイト

2017.08.26 Saturday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    11月26日 スーパー・レインボー・宗谷

    2016.12.08 Thursday

    0

       この日の本当の目的は留萌線留萌〜増毛間が廃止になる前にJR北海道全線乗車を達成するため、富良野線の未乗区間(中富良野〜ラベンダー畑(臨))を潰すことでした。

       当初は一日散歩きっぷを使用し、滝川・富良野(根室本線)経由で中富良野まで単純往復するつもりでした、…が、一日散歩きっぷが11月6日で今シーズンの発売を終了していることに、駅まで行って気づいたのが11月12,13日の週末でした。その日は心が折れてそのまま帰宅しました。
      やむをえず普通乗車券で同ルートで往復することにしましたが、倍以上(一日散歩きっぷ¥2260)払うのも悔しいのでどうしようかと思いましたが、。ちょうど上富良野から凌雲閣(十勝岳、富良野岳方面への登山口)に行くバスが出ていたので、簡易冬山装備で安政火口ぐらいまで散歩してくることにしました。

       …が(2回目)、今度は乗車予定の列車に乗り遅れ、富良野経由では上記バスの2本目に間に合わなくなってしまいました。仕方なく、旭川経由で行くことに。この時点では帰りは上富良野、富良野経由を予定していました。

       …が(3回目)、乗車後にツイッター情報でスーパー宗谷1,4号がノースレインボー編成での代走になっていることが判明。なかなか乗れずにいたので、この機会を逃す手はないと思いましたが、富良野経由では接続できず(富良野線3438D滝川21:34着、S宗谷同21:18発)、帰路も旭川経由に。

      最初から往復旭川経由であればSきっぷを使用できたのに…せめて乗車券は中富良野まで買っておくべきでした(うちの最寄駅からだと同額)。※1

      ※1:富良野と付く地名が複数あって紛らわしいので位置関係を整理すると、旭川〜上富良野〜中富良野〜富良野

       

      途中で鹿との衝突があり40分ほど遅れて到着。2342Mが滝川まで先着するとのことだったので経費節減のため滝川から乗車。

      見たり撮ったりするだけだった列車に初めて乗るときはテンションが上がります。

      DSC09457

       

      車内。JR初期のイケイケな時代を今に伝える貴重な資料ですね…。

      DSC09459

      オホーツク8号が先行したためさほど速度は出していませんでしたが、気動車にしては乗り心地が静かなように感じました。ハイデッカーな分、エンジンから離れているためでしょうか。

      スーパー宗谷はこの記事を書いている12月8日時点でも一部代走が続いています。来春にはオホーツク、スーパー宗谷の減便、サロベツの廃止が噂されており、いくらか運用に余裕ができるはずですが、それでも代走要員や臨時北斗としての運用がリゾート列車として生まれ、一時は本州まで足を延ばした(※2)この車両の余生になるでしょう。

      ※2:「さくらエクスプレス」で弘前まで運転(青函トンネル内は牽引)の実績あり。

      JUGEMテーマ:鉄道

      スポンサーサイト

      2017.08.26 Saturday

      0
        コメント
        コメントする
        トラックバック
        この記事のトラックバックURL