5月22日 789系0番台のロゴ等撤去を確認(5/24続報有)

2016.05.22 Sunday

0
    今日札幌に出かける際に苗穂工場構内の789系を見て違和感を覚えたので、帰りに苗穂で1本見送って(1本前の千歳線に前乗りして)観察してみました。

    苗穂駅のホームから見るとキハ285系が放置されてる場所の左側辺りに少なくとも4両確認できました。

    クロハ789形(4月に撮ったものや各種情報からー106で間違いないと思います)
    HEAT789のロゴがありません。スーパー白鳥のHMは出しっぱなしのようですが。
    Series  789 EMU (former "Super Hakucho")
    ドア横の北海道と本州を描いたロゴも撤去されたようです。
    DSCN0365

    在りし日のロゴ(2010/7/17)
    RIMG0144

    鉄道ファンの鉄道ニュース記事によると、5月12日にはサハ789-106のロゴ撤去等された姿が確認されているようです。
    4/21時点ではサハ789-106にはロゴがあったので、4月末〜5月上旬に撤去が行われていたのでしょうか。
    DSC05002

    789系0番台は785系を置き換える形で札幌圏に転用される予定ですが、どんな姿で走る事になるのやら。

    (5/24追記)
    22日時点では主砲不携行につき保安装置表記が確認できなかったので今日も苗穂で途中下車して再調査。
    DN の文字が確認できました。(スーパー白鳥運転当時はJR東日本管内のATS-Ps(「Ps」表記)と青函トンネルのATCーL(「C」表記))
    DSC05713
    (トリミング済)

    …マジで塗装このまま?

    JUGEMテーマ:鉄道
     

    5月3日 高尾山バリエーションルート

    2016.05.08 Sunday

    0
      夏山シーズンの肩慣らしに行ってきました。
      実家からは新宿か高尾で京王線に乗り換え高尾山口駅に向かう訳ですが、それでは芸がないので平成28年現在JR(車両)唯一の(小田急線内)急行列車となっている常磐緩行線の小田急線直通列車を柏から終点唐木田まで乗り通してから向かいましたw(以降は多摩センター→(多摩都市モノレール)→高幡不動→(京王線)→高尾山口)
      DSC05483

      4/30〜5/2 奥尻島

      2016.05.07 Saturday

      0
        GW前半はGenpiさんと奥尻島に行ってきました。

        twitterを辞めて半月

        2016.05.05 Thursday

        0
          SNS中心で回っている生活をいい加減辞めたい、との理由から4月20日0時をもってTwitterのPachira_U1アカウントを停止しました。
          (垢消しの必要に迫られるような炎上・トラブルによるものでないことは名言しておきます)

          【メリット】
          ・意味も無くTLを眺めている時間が減った。
          ・特に乗り鉄中、乗車に集中できるようになった。

          【デメリット】
          ・ネット外の友人向けTwitterアカウント、Facebook等は存続しており、結局そっちを見ているのでSNS閲覧時間はさほど減っていない。
          ・ネット上で長らく交流のあった方々とのコンタクトの場が喪失した。
          ・ネット上に発信したい事象があった際、ツイッターに書けば済むようなことまでブログ記事にする必要が生じた。

          ホントに一長一短としか言いようがない状況なので今後どうしようか迷っているところです。
          いずれ別途アカウントを新設するかもしれませんが、その際はまたよろしくお願いします。
          JUGEMテーマ:SNSの楽しみ方


           

          5月2日 大宮駅にて

          2016.05.04 Wednesday

          0
            はやぶさ22号下車後、そのまま13,14番線ホームから上り新幹線を撮影していくことにしましたが

            5月2日 はやぶさ22号 木古内→大宮間乗車録

            2016.05.03 Tuesday

            0
              道南で寄り道してから新幹線で実家に帰ってみました。
              スマホアプリで色々測定して遊んでみたので、その結果を公開します。

              列車時刻:(新函館北斗12:44→)木古内12:57→大宮16:38(→東京17:04) 定時到着
              途中停車駅:木古内、奥津軽いまべつ、新青森、八戸、盛岡、仙台、大宮、上野
              充当編成:H5系H3編成、盛岡以南でE6系Z8編成を併結
              座席位置:中間普通車C列

              【速度】
              青函トンネル共用区間:130km/h台、青函トンネル本州側出口と共用区間終点付近では120km/h前後まで減速。
              共用区間終点〜新青森駅:新青森直前まで250km/h台を維持。
              新青森〜仙台:特記事項なし。盛岡以北は250km/h台、以南は310km/h台で走行。
              仙台〜大宮:桑折付近で260km/h台まで減速、那須塩原〜新白河でも240km/h台まで減速。那須塩原通過後310km/h台まで持ち直すも流し気味の走りで宇都宮通過までに275km/h以下に。
              以南は鷲宮信号場付近まで270km/h前後を維持。

              【騒音】
              70〜72db(新青森→八戸トンネル内)
              63〜68db(同トンネル外)
              69〜72db(盛岡→新花巻TN外)
              72〜76db(新花巻→北上TN内)
              74〜77db(北上前後 デッキのC列の位置 TN外)
              78〜81db(デッキ 福島TN内)
              (参考)
              W7系W9編成2号車
              65〜69db(250km/h前後)
              72〜74db(トンネル内)
              800系1000番台2号車 72〜73db(新鳥栖→熊本 220〜230km/h)
              N700系九州直通車2号車71〜74db(熊本→鹿児島中央 250km/h台)
              ※800系とN700系は夜間の乗車なのでトンネル内かも。800系は確かに五月蠅かった気がするけど。

              【感想】
              以前乗った新青森→新函館北斗ノンストップ便に比べると、北海道新幹線内は幾分スジが立っているようです。
              また、300km/h時代ほどではないもののはやぶさ・こまちの盛岡以南はかなり余裕あるダイヤだと以前から指摘されていましたが、今回の乗車でもそれが実証されました。流石に2回も徐行(先行列車の影響?)すると定時到着が危ういのか宇都宮以南は制限ギリギリで走ってたようですが。
              車内騒音に関しては、同程度の速度のW7系やN700系よりも値が低いことが示されました。地上設備の影響もあるので単純比較はできませんが。
              今回乗車したH5系は車体間ホロが簡略化されているので、全周ホロをもつE5系U27編成以前と騒音に差があるか今後比べてみたいと思います。

              DSC05375
              盛岡駅にて
              JUGEMテーマ:鉄道

              キハ285系 このまま廃車か

              2016.04.27 Wednesday

              0
                JR北海道からの公式発表ではありませんが、4/26付の北海道新聞の記事で、苗穂工場内に留置されているキハ285系が検測車への転用を断念し、このまま廃車になるとの報道がありました。
                まああんな特殊仕様の車両を検測に使うのも現実的でないとは当初から思っていましたが、やはり空しさを禁じ得ません。
                素人考えでは共同開発先の鉄道総研、川崎重工に引き取って貰って開発継続が一番良いと思いますが(JR北海道社内でもとっくに検討されてボツになってる話でしょうが)、それまで振り子車両で運行されていた線区に非振り子の中古車を平気で投入してくるような今の在来線特急の情勢では日本国内でハイブリッド車体傾斜による曲線通過速度の大幅向上なんて需要は無さそうですしね…。
                1994年にキハ281系がデビューしてからの20年、JR北海道は鉄道の運行は最新技術を次々投入していくだけではダメだということを身をもって示しました。このままでは次の20年、JR北海道は現状維持(の努力)だけではダメだということを示していくことになるでしょう。

                あ、そういや車体傾斜で思い出しましたが、JR東日本の2016年度設備投資計画でE353系について全く触れられてませんね…
                JUGEMテーマ:鉄道

                3月25日 運転終了

                2016.03.28 Monday

                0
                  昨日と違う今日が〜シリーズでまとめきれなかったのはご愛嬌w

                  函館駅構内には21日にスーパー白鳥としての役目を終えた789系0番台が留置されていました。
                  DSC04670

                  4分折り返しのためレンズ交換する暇もなかったのですがちょっと拡大。
                  DSC04672
                  1枚目の画像左端からHE106?、不明、HE105?※、HE101、HE302(=消去法でその五稜郭寄りに繋がってるのがHE301)でした。
                  ※HE105,HE106には貫通扉の前に渡り板があります。画像の2編成は渡り板の形状が異なっていますが、1月30日に撮影したHE105の渡り板=左から3番目の編成の渡り板であることから、左から3番目がHE105と思われます。

                  五稜郭に折り返す列車の車内から、ホームと反対側に残り2編成の姿が確認できました。 汚い画像ですみません。
                  (左端がHE101を含む編成のはず)
                  DSC04674

                  五稜郭車両所を横切る跨線橋からは785系HE303の姿が。函館駅構内の789系とは別の道を辿るのだということを感じさせられました。
                  単独で走れない789系の増結ユニット扱いではありましたが、785系他編成の部品取りに終わる運命を乗り越えてよく走ったと思います。
                  DSC04679
                  JUGEMテーマ:鉄道

                  3月26日 昨日と違う今日が動き出す キハ261系スーパー北斗

                  2016.03.27 Sunday

                  0
                    3月26日のダイヤ改正からスーパー北斗にキハ261系1000番台が充当され、改正初日は10両編成で運転されました。

                    新函館北斗にてスーパー北斗9号
                    DSC04891

                    森にてスーパー北斗11号
                    札幌方は新塗装でした。
                    DSC04915
                    感想…なげぇ。 以上。

                    一方でキハ283系の臨時特急は91号は寄せ集めの5両編成。ある意味時代の流れを感じました。
                    DSC04922
                    JUGEMテーマ:鉄道

                    3月25・26日 昨日と違う今日が動き出す〜奥羽本線青森口

                    2016.03.27 Sunday

                    0
                      3月25日
                      21日に運転を終了した白鳥・スーパー白鳥の代替で青森〜新青森間の普通列車に485系が充当されているとの情報を聞き、新青森駅に向かいました。
                      この区間は多くの時間帯で特急(つがる含む)が新青森〜青森の新幹線接続列車の役割を果たしているので、白鳥・スーパー白鳥が運転終了した今、その役割を務める青森までの列車が必要なのです。

                      青森方面19:47発 臨時 普通 かつてのスーパー白鳥27号のスジです。
                      DSC04758
                      ホームに降り立つと普通幕を出した485系が。A6編成(6両)でした。
                      DSC04768

                      新青森〜青森間は乗車券のみで特急自由席に乗車できるため、青春18切符で乗り込むのは特に違和感もありませんでしたがシートカバーの無い座席を見るとなんとも寂しい気持ちになりました。
                      DSC04777

                      「普通」表示さえなければ普通の行先表示か…(もはや自分でも何言ってんだか分かってない)
                      DSC04778

                      1973年に特急はつかりとして運用開始してから43年、新幹線延伸に伴う区間短縮の末運転区間は新青森〜青森の僅か3.9kmになってしまいましたが485系は最後まで東京(上野)と青森を結ぶ役目を果たしました。
                      DSC04783

                      3月26日
                      ダイヤ改正で、白鳥系統に代わる新幹線アクセス列車として(津軽新城〜)新青森〜青森の区間列車が多数設定されました。
                      この区間列車で485系が残ってくれないかと一縷の望みをかけていましたが、
                      DSC04792
                      701系でした。まあそりゃあそうですよねーと。

                      改正前は無かった津軽新城行き。今までは白鳥系統が同駅まで回送で引き上げてたのが青森発着の普通列車として客扱いするようになるので津軽新城はちゃっかり(?)大増発です。
                      DSC04795

                      ダイヤ改正(しかも大きく変化するやつ)を跨いだ泊まり遠征はこれまでやったことが無かったので、新鮮な体験ができました。